アライグマは人を襲う|駆除の対象になる動物

男性

ハチを駆除しましょう

巣

都会にも増えています

日本における野生動物被害で最も多く報告されているのがスズメバチです。スズメバチは本来は森など人気がない場所に巣を作る昆虫ですが、最近では森林面積が減少したことなど環境が大きく変化してきたことにより人が住むそばでも巣を作るようになってきました。そのようなことからスズメバチによる被害が年々増加する傾向にあります。スズメバチが最も活動するのは夏から秋にかけてです。夏から秋にかけては子育て期間となるため餌を目的に活発に飛び回るほか、巣に近づく敵に対して見境なく攻撃を仕掛けてきます。スズメバチに襲われるとそれを合図に巣から大量のスズメバチが集まり攻撃を仕掛けてくるので巣を見つけたときは速やかに離れることが大切です。

専門店に依頼しましょう

巣を見つけたときは決して自分で駆除しようとしないことが大切です。スズメバチの持つ針はミツバチなどとは違い一度刺しても抜けることなく何度も刺して毒液を注入することができる仕組みとなっています。何度もスズメバチに刺されてしまうと大人でもショック死することがあるほか、一度刺されてしまうと毒に対する免疫ができてしまうためアナフィラキシーショックを起こす体質へと変化してしまいます。軒先などでスズメバチの巣を見つけた場合はすぐに専門店に相談しましょう。専門店なら安全かつ速やかに巣を駆除するノウハウを持っているので、周辺に被害が及ぶ前に駆除作業を行うことができます。駆除料金もリーズナブルで明朗会計となっているので安心して依頼できます。スズメバチの巣を見かけたときは決してそばに近づかず専門店に相談して駆除を行うようにしましょう。