アライグマは人を襲う|駆除の対象になる動物

男性

シロアリに関して

白蟻

湿気を帯びた木材

専門業者によるシロアリ駆除は、多くの場合、シロアリが巣食っている部分に殺虫剤を散布するという方法でおこなわれます。シロアリは、湿気を帯びた木材を食糧としているので、そういった木材が多い床の下などに殺虫剤を散布すると駆除できるのです。また、木材が湿気を吸わないようにするために、床下に調湿剤を敷き詰めるというシロアリ駆除もおこなわれています。さらには、床下の湿気を除去するために、床下換気扇が設置されることもあります。こういったシロアリ駆除により、湿気を帯びた木材がなくなれば、シロアリは寄ってこなくなります。つまり、再度の被害が防がれやすくなるということです。そのため、湿気を帯びやすい川沿いの家や、古い木造住宅に住んでいる多くの人々が、専門業者にシロアリ駆除を依頼しています。

ベイト剤の設置

また専門業者には、巣に残っているシロアリや、卵や幼虫をも駆除してもらうことができます。シロアリは、巣と餌場となる木材との間を、同じルートで行き来します。これは蟻道と呼ばれているのですが、この蟻道に、シロアリが好む匂いを発するベイト剤を設置しておくのです。ベイト剤は、シロアリの成長を阻害する毒性のある成分で作られています。シロアリがこれを巣に持ち帰れば、巣に残っているシロアリはもちろん、幼虫から成虫となったシロアリも、これを食べることになります。すると、その毒性によってどんどん力尽きていくのです。このように、ベイト剤を設置すれば、より効率の良いシロアリ駆除ができるのです。またベイト剤の効果は1〜2年ほど持続するので、定期的に設置することで、被害の予防効果も期待できるようになります。