アライグマは人を襲う|駆除の対象になる動物

女性

駆除などの対策をするには

屋根裏

害獣駆除は、自治体や業者が行ってくれることが多くなっています。自分で対処する場合には、動物を追い出したり入ってこないように対策をすることが一番手軽な方法です。業者の場合はすぐに対応してくれるので、急ぎの場合にも役立ちます。

詳細を読む

シロアリに関して

白蟻

専門業者はシロアリ駆除を、湿気を帯びた木材がある床下などに殺虫剤を散布するという方法でおこなっています。また、調湿剤や床下換気扇が使われることもあります。さらに、蟻道へのベイト剤の設置もおこなわれます。シロアリが巣にベイト剤を持ち帰れば、巣にいるシロアリも力尽きるため、被害が防がれやすくなるのです。

詳細を読む

取り扱いに注意したい害獣

アライグマ

ハクビシン110番

ハクビシン駆除を依頼しちゃいましょう!明朗会計ですし、24時間いつでも対応をしているのでオススメですよ。

個人でできる対策

アライグマは、カナダやアメリカ原産の動物でタヌキによく似た動物です。見た目が可愛いこともあり、ペットとして輸入され日本にやってきました。アライグマは本来は凶暴な性格なので、飼い主から捨てられ野生化し増えていきました。また、天敵がいないことも増加した原因と考えられています。野菜や果物も食べますが肉食でもあるので農村部でニワトリなどを襲ったり、餌を求めて人間が住んでいる都市部にも出没し池の鯉などを襲ったりする被害も出ています。これらの被害を防止するには細かい網で覆う、パテで隙間を塞ぐことが大切です。隙間から住居に侵入して屋根裏で巣を作ることもあるので、しっかりとパテなどで塞いでしまいましょう。また、アライグマの体には、回虫やノミ、ダニなどが付いているので素手で触らないように注意しましょう。電気策やネットで覆う、餌になるようなものを家の周りに置かないことも防止対策になります。

無理せず業者に頼む

アライグマが住宅の屋根裏や空き家に入り込んで巣を作っていることに気づいたら早急に駆除対策を考えるようにしましょう。個人で対策する駆除方法としては、害獣駆除用のくん煙剤、捕獲用のワナを設置するなどがあります。これはあくまでも住宅から追い出すためのものと考えて良いでしょう。アライグマは凶暴な性格なので個人で捕獲しようとすると噛みつかれたりして怪我をする場合があります。捕獲して処分まで行うことは個人では対処しきれないので、駆除業者に相談することをオススメします。駆除業者によっては、アライグマの捕獲や処分はもちろんのこと巣を作って汚れた屋根裏の清掃も引き受けてくれます。糞尿でかなり汚されてしまうと材木が腐って傷んでいることがあり、これらのことも対処してくれる業者もあります。被害に気付いたら駆除業者へ連絡してみましょう。

ハチを駆除しましょう

巣

夏から秋にかけて増えるのがスズメバチによる被害です。この時期は巣に近づく敵に対して積極的に攻撃を仕掛けてきます。スズメバチ駆除は専門店に依頼することが大切です。専門店なら安全かつ速やかに駆除することができるので、自分で駆除しようとはせず専門店に連絡しましょう。

詳細を読む